Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
 
main
私はチームリーダー


一昨日のことですが、仕事に行くため二人に「ハウス」を命じました。
リビングから最初に向かったのはアッシュ。
暫く待っても次に続くはずのティガーは、来ません。
んもぅ!!と思いながら少し強めに呼ぶと、しぶしぶやってきました。
でも、なんか変・・・。

前足を引きずっています。

驚いて、痛そうにしている前足をあちこちチェックして、押したり引いたりしてみました。
でもそうしても特に痛がらない。けど、引きずる。

うぇーん先生~!!!とばかりにてらぞの病院に駆け込みましたけれど、やはり怪我も見当たらないし神経系とも思えない。とのこと。
しかも左足が・・・と言って診てもらったのに後で確認したら右足だったという。。。

もう最低な飼い主(汗)

帰りの車の中では、そういえば朝から散歩イヤそうだったな・・・とか、午前中アッシュと大暴れしていたからそのときかな・・・とか、思いつく限りの原因を想像してみましたが、結局何もわからず仕舞いでした。

家に帰っても気になるので、ティガーが動くたびにじーっと見てしまいます。

するとびっくり。こちらが見るたびすごーく不安そうな顔をして、より一層足を引きずるティガ。
仕舞いには床に足着かなくなるし(笑)
えぇー!!!と、またこちらが驚いてオロオロすると更にティガーの前足は床から遠ざかるという。変な連鎖が起こり始めました。

ふとね、思い出したんです。
昔、アッシュが2歳くらいの時、原因不明の嘔吐をよく繰り返していたんです。
吐き始めると私が大騒ぎして昼夜関係なく病院に駆け込む。するとアッシュは更に挙動不審になり激しく吐く。もう吐き出すものがないのに。

それを思い出しました。
そこで、前足を上げて不安気にこちらを見上げるティガーに向かって「大丈夫だよ」と穏やかに何度も言ってみました。
足を引きずっていても気にしない。じっと見たりしない。私自身が不安にならない。そしていつも通りの大雑把な私を心掛けました。
「痛い?」と聞く代わりに「ちょっと痛くしちゃったんだね〜。ははっ」と、笑って語りかけ、ジッとしていてほしいこちらの気持ちを抑え自由に遊ばせました。

するとね、だんだん緊張がとれていくのがはっきりわかりました。遊びに夢中になり、何かあるといつも通りやんちゃな顔で報告(言いつけ)に来てくれました。

アッシュの時もそうだったんですよね。
月に何度も起こる嘔吐に不安がる私。ふとアッシュを見たらアッシュの方が私以上に疲れて、おびえた表情で私を見つめていたんです。

あぁこれがいけなかったんだ。とハッとしたのを覚えています。
それからアッシュが吐き始めても動じない私を演じました。(内心ドキドキだったけど)
そうしているうちにあれだけ繰り返していた嘔吐はピタッと止まり、いったいあの数か月は何だったんだろうというくらい。
あれからもう4年以上経ちますが嘔吐することはありません。
嘔吐のきっかけや原因より、その後のケアが一番の問題だったのだと気づかされました。

今回のティガーの件も同じです。
3日目の今日はだいぶ痛みが引いたらしく、若干の引きずりは見られますが顔は笑っているので大丈夫そうです。

今朝つくづく思いましたね。
私はこの群れのチームリーダーなんだなって(笑)
リーダーがしっかりしていないとチーム全体が乱れるわけです。

たまにお留守番をさせると激しく怯えるとか異常なほど吠えるとか、粗相をしてしまう子がいると聞きますが、あれはきっと安心安全の要である『リーダー』不在による恐怖心から起こるのではないかと思います。
そのくらい犬たちにとってリーダーって大きな存在なのではないかと思います。

そんなわけで、今更ながら私はこの家のリーダーなんだと思い知らされたのでした。
リーダーとして、もっとしっかりしないとな・・・と更なる決意をした私。
ただね・・・


ただ、こんなふうにリーダーを差し置いてリーダーのソファで寝るとか、リーダーのクッションを遠慮なく使うとか、そういう態度はどうなのかと。
そう思うときも多々あるのですけれどね。

まぁ、可愛いからいいんですけど。

HIDEKO

◇『2015年3月7日に東京で開催されるHIDEKOの前進し、成長するワークショップ 』のお申し込みはこちら


◇クリスタルショップ風のショッピングサイトはこちら。
| | 店主の独り言 | 11:53 | comments(0) | - |
Comment
名前
メールアドレス
URL
コメント
  
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.