Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
 
main
本当の自分を保つために

本当の自分を生きるということの難しさは、誰もが経験していることと思います。

 

特に社会や組織の中で、または意中の人を前にしたときなど・・・

至る所で自分という人間を品定めされているような感覚の中、溺れないように 必死に自分を保つのはかなりヘビーなことと思います。

 

でもそうするしかない。

 

多くの人はきっとそう思って、ひたすら頑張ってしまうのだろうと思います。

 

そして疲れてつい相手に合わせてしまう。

結果、本当の自分どころか自分でも望んでいないような人格で過ごしてしまう。なんてこともあるのではないでしょうか。

 

私は、本当の自分を生きるうえで必要なのは 期待しない ことだと思っています。

これ、意外と難しいのです。

 

誰も最初から意識して 期待に応えよう などと思って生きてはいないですよね。

でも、常識的な範囲の中で、出来るだけ波風立てず、出来たら好感を持たれるように、 という意識(期待)は常に心の片隅にあるのではないでしょうか。

結局これが一番の 期待に応える やり方なのです。

 

とはいえ、常識外れをやらかして、波風立てて、嫌われても気にしなくていいんだよと言っているわけではありません。

 

要するに 色々求めすぎて無理をしない ということです。

 

痛いとか苦しいと感じると人の脳はすぐさまブレーキをかけますが、これがひとたび心地よさを感じるものであったなら、その行為にブレーキをかけるどころかガソリンを注ぐように継続の方向に働きかけてしまうでしょう。

だから私たちは期待されたり気分よくさせられるとつい無理を押してでも応えてしまうのだろうと思います。

 

誰だって 善い人 と思われるのは嬉しいですものね。

優しい人ね、とか 他の人とは違うね、とか 可愛いね、などと言われればもっとそう言われたいと思ってしまうのが私たちの心情というものです。

 

だからこそ、そこに落とし穴があることに気づいてください。

人がなぜあなたに 優しい人ねというのか、なぜ他の人とは違うねと称賛するのか、冷静に考えてみてくださいね。

 

そして、それらの言葉が自分を表す言葉として本当にピタリとフィットするならば、臆することなく受け取り、そうした自分を生きればいいのです。

でも、その言葉に自分自身が酔ってしまってはいけないのです。

 

あらゆる人と 程よい距離 というものを意識してください。

 

そして、どんな誉め言葉であっても、どんな否定的な言葉であっても、簡単に殺されない強い心を持ってください。

ガチガチに構えて防御するのではなく、余裕の微笑みをもって向き合うのです。

 

そうすれば、自然と 本当の自分 のまま、この先をずっと心地よく優雅に保っていかれるはずです。

 

HIDEKO

 

◇クリスタルショップ風のショッピングサイトはこちら

| CrystalShop Fuu | 店主の独り言 | 13:02 | comments(0) | - |
Comment
名前
メールアドレス
URL
コメント
  
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.