Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
 
main
最近ハッとしたこと
先日こんなことが書いてある本を読みました。

「人間は、生まれたときから既に病気にかかっている。老いるということが既に病気なのだ。」
そういうことがね、まんまじゃないけど書かれておりました。

なんか、ハッとしたんです私。

だって、私は自分が健康だと思っていたから。
ほとんどの人がそう思っていると思います。まさか、老いることを「病気」などと考える人はそういないはずですから。
なので、私的にはある意味目からウロコだったのです。

既に生まれたときから始まっている老いという病気。
只今進行中・・・。

なのに私は、自分が健康だと思い込んでいるから、この先病気はしたくないなぁとか、変な考え方をしていたわけです。
病気で死ぬことになったらヤダなとかね。
でも老いることそのものを病気と考えてみれば、誰でも病気で死ぬということ。
普通に歳を取ったら、ほとんどの人は何かしらの病名をつけられて病死扱いされるのだから、本当は「病気イヤだな」と思うこと自体ちょっとズレている感じもします。

なんか変な感じー。

何より今回考えさせられたのは、自分が健康体だと思い込んでいた。
・・・という事実。
最近肩こりが酷過ぎるのはもしや内臓のどこかが・・・?とか、胃がシクシク痛むのはもしかしてアレ?あの病気・・・?とか。(アレってなんだよww)

危うく、(意識の中で)病気に病気の上書きをするところでした。

私たち人間って強欲だから、つい自分の最後(死に方)まで都合よく決めたがるけれど、死ぬ死なないということとは別に、誰もが朽ちるんだと理解すれば、どう朽ちるかよりも朽ちる前にどうしようかと、もう少し真面目に考えるようになるのではないかと。
少なくとも私は、朽ちていくことを心配するよりもまだ動けるうちに何とか今を良いものにしよう、と考えるようになりました。(必死に)

色々と心配に時間を使っている暇はマジでないんだぞ!と痛感中。
日々進行中なのだからより一層心配は捨てようと、そう思うようになりました。

HIDEKO

◇クリスタルショップ風のショッピングサイトはこちら。
| | 店主の独り言 | 00:37 | comments(0) | - |
Comment
名前
メールアドレス
URL
コメント
  
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.