Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
 
main
青空ヒーリング

だいぶ前の話になりますが…
友人が、ある出来事で心を痛め、ため息ばかりついていたとき、「お天気いいし、公園でも行こう!」と誘いました。

持ち物は、レジャーシートとランチボックスとクリスタル。
だだっ広い公園で、青空ヒーリングです。

友人が、愚痴ってもいい?というから「もちろんだよー」とOKサイン。
ゴロンと横になってあれこれ話し始める友人の体の上には、これまたゴロンといくつかのクリスタルを置く。
一通り愚痴ったらそのままウトウト。
その間ずっとクリスタルヒーリング。

このとき思ったのが「これでいいんだ」・・・でした。

上等なサロンを持たなくても、上質なヒーリングベッドを買わなくても、心落ち着くミュージックが流れていなくても。
いつだってヒーリングはできるんです。
場合によってはクリスタルがなくてもできる。葉っぱ一枚でも癒しは起こせるわけです。


友人だからって、適当にしたわけじゃありません。
本気で、楽しくヒーリングしました。
芝を敷き詰めた大地をベッド、公園全体がヒーリングルーム、鳥の声や風の音がBGM。
そして、持っていったクリスタルは全て形の不揃いな原石たち。
転がってもぶつかっても落ちても大丈夫な石ばかりです。

原石を使ったクリスタルヒーリングの良いところは、数え切れないほどの石を用意しなくても、一種独特なレイアウトを組まなくても、タオルを何枚も用意しなくても、ナチュラルなヒーリングが行えるところだろうと思います。

来年行う「原石を使ったクリスタルヒーリング・ヒーラー養成講座」では、いつどのような状況の中にいても出来るクリスタルヒーリングの方法をお教えします。
石が1個しかないというときだってクリスタルヒーリングは行えるのです。
※もちろん講座では、フルセッションを行えるだけのクリスタルをお渡しし、様々なヒーリング方を学びます。

そして、この講座はカウンセラーを目指す講座ではありません。
あくまでもクリスタルを正しく扱えるヒーラーを目指します。
難しいことは省きます。
サイキックじゃないとヒーリングが出来ないなんて、そもそもそれがおかしい話しなのです。

例えばお母さん。
母親は、サイキックでなくても子供をいつも安心させてあげられます。
そのときどきで方法は違っていても同じように優しく包み込むわけです。

ヒーラーはそれでいいと思うのです。
もしかしたらそれこそが最も難しいことなのかもしれませんが、ヒーラーはクライアントを癒し、優しく背中を押すことが役目なわけです。
それプラス、クリスタルヒーラーであれば、クリスタルの正しい知識を持ち、扱い方をマスターし、クライアントに最適なクリスタルヒーリングを提供しなくていけません。

過去、数回のクリスタルヒーラー養成講座ではカウンセリングの勉強もしていただきました。
しかし、そのためにサイキック能力をもっと上げなければと、違う方に意識が向いてしまった人も多くいました。
そして、結果を求める傾向も強くなりました。

ヒーリングをしたのだからクライアントは変化を感じて欲しい。もっと受け取って欲しい。
情熱を持って取り組めば取り組むほど、つい気持ちが入ってしまうようでした。

でも。
ヒーリング後の変化をどう受け取るか、どう扱うかはクライアントの自由なのです。
ヒーラーは、あくまでもサポート役として出来ることをすべて提供するだけなのです。
そして、その時求められるものがあるとするならば、それはヒーラーであるひとりの人間のあり方だろうと思います。
問題を抱えたヒーラーに自分のヒーリングを頼みたいとは、誰だって思わないでしょう?

バランスのとれた、ポジティブなエネルギーを生きるヒーラーであってほしいと思います。
そのため、私の行う講座では受講される方のバランスを取り戻すところから始まります。
土台(チャクラや意識)をしっかりと整え、バランスを欠いた部分があれば6回の講座の中で立て直しをしていただきます。
難しいことはありません。チャクラの仕組みを学び、クリスタルヒーリングの実践を繰り返す中で自然とバランスは整ってきます。

水瓶座の時代のヒーラーは、ヒーリングのテクニックや扱うツールを特別にするだけではなく、オープンマインドととびきりの笑顔で、青空ヒーリングが当たり前に行える頼りになるマスターであってほしいと思います。

◇クリスタルショップ風のショッピングサイトはこちら。

◇HIDEKOのクリスタルヒーリングお申し込みはこちら
| | ヒーリングに関するお話 | 19:03 | comments(0) | - |
Comment
名前
メールアドレス
URL
コメント
  
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.